スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【京論壇駒場祭】講演会&パネルディスカッションのお知らせ

京論壇駒場祭講演会&パネルディスカッション

日時・場所
日時:11月26日(土)14時〜17時30分頃(13:30開場)
場所:東京大学駒場キャンパス11号館1101教室
アクセス:京王井の頭線駒場東大前駅 下車 徒歩1分
申し込み:不要

出演者
・講演者&パネリスト
江川雅子氏(東京大学理事)
加藤嘉一氏(コラムニスト・北京大学研究員・京論壇OB)
田村耕太郎氏(ランド研究所研究員・前参議院議員)
・学生代表
田中宏樹(京論壇2011代表・東京大学法学部3年)

コーディネーター
山内一馬氏(MBKパートナーズ・京論壇OB)

パネルテーマ
テーマ①「若者はなぜ海外に出ろといわれるのか?」
テーマ②「若者はどのように生きるべきか~社会の要請と若者自身の視点から~」

東京大学と北京大学間の国際議論団体である京論壇による講演会&パネルディスカッションです。
パネリストには中国で最も有名な日本人コラムニスト加藤嘉一氏、前参議院議員の田村耕太郎氏、東大理事江川雅子氏をお招きします。

京論壇は創立から6年間、東大と北京大の間の議論を毎夏、北京・東京にそれぞれ1週間ずつ滞在して行っています。そこで目の当たりにしたのは国際舞台での異なる価値観のぶつけあいによる自分の価値観の根本的な揺らぎと、国際的に活躍することを願う自分たちの将来のキャリアについて考えることの必要性でした。

駒場祭では、今一度若者が世界に飛び出していく意味を考えたいと私たちは考えます。
そこで、国際的に活躍し、且つ若者に強いメッセージを持ったパネリストたちと,会場に来て下さった皆様との間で,若者が積極的に行動し外に出ていく意味を一緒に再考するためのパネルディスカッションを行います。
パネリストと学生で垣根のない議論を行いたいと考えていますので、ぜひあなたの熱い想いをぶつけに来てください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京論壇2011

Author:京論壇2011
京論壇(きょうろんだん/Jing Forum)は、2005年に東京大学と北京大学の学生によって結成された国際学生討論団体です。年に一度、北京と東京で一週間ずつ合宿を行い、日中間の様々な問題について、官公庁・企業・専門家などを訪問して共に学びながら、「学生ならではの視点」から議論を重ね、その成果を社会に向けて発信しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
京論壇公式twitterアカウント
    follow me on Twitter
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。