スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京セッション3日目】One Day Trip報告

今日は議論を一日休んで、5グループに分かれての東京観光をしました!!歴史コースの今泉さんと、有名どころ周遊コースの縣さんに記事を書いてもらいました。


こんにちは。京論壇の今泉です。
今日は、京論壇数少ない安らぎイベントである、東京一日観光ツアーをお伝えします。



●コース概要
探究心の固まりであり、また歴史と伝統を片時も忘れない学生である我々は、歴史探訪コースを選択しました。
内容は、
・代々木の明治神宮
・原宿の竹下通り
・浅草の浅草寺
を巡ります。
一つだけチャラいものが混ざっていますが、人ある所に歴史あり、コンセプト的には何の問題も無いのです。

●明治神宮
東京のシンボルとも言える明治神宮。
広大に広がる神域や初めてくぐる鳥居の感覚に、索莫の北京からやってきた北京大生は驚きを隠せません。


さらに、長い参道を抜けてたどり着いた拝殿には、黒袴のおじ様たちがずらりと並んでいました。
なんと、偶然にもこの日には横綱の参拝と土俵入りが行われていたのです。
相撲協会の理事長の合同参拝の後、現横綱の白鵬関による土俵入りを目前で観た北京大生たちは、
期せずして得られた筋肉と脂肪に彩られたアツい異文化交流に感動し、明治神宮を去ったのでした。


白鵬



※北京大生にとって、現横綱が外国人であるって割と衝撃的だったようです。


●原宿の竹下通り
多分明治神宮から近いからという理由で選ばれた竹下通り。
しかし自分磨きに余念のない北京大生に取って、ここは絶好の買い物ポイントです。
さらには偶然にも原宿の花コスプレに遭遇、待望のジャパニーズニューカルチャーに邂逅した北京大生は、
カメラの砲列をいつまでもピンク色のニューファッションに向けていました。

●浅草の浅草寺
寺とはなにか。
北京大生に訊ねられた禅的で深遠な問に完全に沈黙させられた東大生は、
神社と寺の違いを深々と考えながら浅草の雷門の敷居をまたぎます。

テレビの芸能人ロケに出会い、自分の姿を公共の電波の端に晒してそのカリスマ性を発揮した北京大生は、
浅草寺の荘厳さもほどほどに、日本のお土産とお菓子を買いに奔走するのでした。

※ちなみに私は浅草寺階段の上で一時間ほど気絶していたようです。

浅草寺

●まとめ
そんなこんなで東京の歴史のつまみ食いで満足した我々は、
本郷にある家庭料理で肉体を満足させ、このツアーを終えました。
物静かな老夫婦が営む小さなお店で、組織の経費に物を言わせて無理な注文を繰り返しつつ、
その味に舌鼓を打ちながら、京論壇の夜は更けて行くのでした……。



ジェンダー分科会スタッフの縣です。この日は連日の密度の濃い議論から少し離れて、全員が東京の街を一日観光します。コースは5コースに分けられ、それぞれの北京大生は自分の希望のコースに入り、東大生は北京大生を案内します。北京セッションのワンデイトリップでの北京大生のホスピタリティの高さに少しでもお返しが出来るように、
歴史名所コース、ショッピングコース、サブカルチャーコースなどのコースが用意されている中、私は六本木、銀座、浅草コースというオーソドックスな観光コースのリーダーを担当していました。今日はそのことについて書きます。
まず午前中は六本木に向かい、中国大使館の前を通って六本木ヒルズに行きました。展望台とスカイデッキ上って東京の全貌をつかんでもらいつつ、東京の新しい名所について知ってもらいました。

その後日比谷線に乗って銀座へ。三越のデパ地下で弁当を買い、9階のテラスで昼食を取りました。銀座の街は北京大生によって評価が分かれていたと思います。ブランド好きの人は始終うきうきした顔をしていましたが、売っているものの値段を見て辟易している子もいました。外国人に銀座を案内する際は注意しましょう・・・。
15時を回ったところで浅草に向かい、仲見世通りで買い食いとお土産探しを楽しみました。彼らは日本の工芸品の細やかさを高く評価していて、友達に家族にとお土産を丁寧に選んでいたのが印象的でした。
最後の締めくくりとして彼らを回転寿司に連れて行きましたが、彼らはすでに浅草の買い食いで満腹だったので、ゆっくり食べて宿泊場所である本郷の旅館へと向かいました。

convert_20111006233621.jpg


北京大生は東京の街に興味津々で、道すがらたくさんの質問を飛ばしてきました。「東京の平日は何でこんなに人が少ないのか」「中吊り広告に載っているアイドルはみんなかわいこぶっているのか」「日本人のサービスのよさとディスカッションのスタイルの関係について」など・・・。その着眼点の一つ一つが私にとっても発見であり、東京の街や人々をさらに深く知るきっかけになりました。北京での恩を返せたと同時に、他者とのかかわりによって自分への内省を得るという京論壇ならではの醍醐味を得られたすばらしい一日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京論壇2011

Author:京論壇2011
京論壇(きょうろんだん/Jing Forum)は、2005年に東京大学と北京大学の学生によって結成された国際学生討論団体です。年に一度、北京と東京で一週間ずつ合宿を行い、日中間の様々な問題について、官公庁・企業・専門家などを訪問して共に学びながら、「学生ならではの視点」から議論を重ね、その成果を社会に向けて発信しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
京論壇公式twitterアカウント
    follow me on Twitter
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。