スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【北京滞在最終日】中間報告会@北京大学

9月22日 京論壇中間報告会@北京大学

北京セッションもあっと言う間に最終日、今日は北京大学での中間報告会です。
100人近く入る会議室で、ゲスト、アラムナイ、一般の観客を迎えて行いました。
①mp;op

まずは各分科会からの報告です。12分間のプレゼンテーションと、10分間の質疑応答を、3分科会がそれぞれ行いました。

まずはインターネット分科会の報告です。
北京大生と東大生一人ずつがプレゼンテーターとなり、英語のプレゼンを行っています。
②mp;net

続いて、ジェンダー分科会です。
日本と中国における女性の就業状況を比較している場面です。

③mp;gender

最後は国家イメージ分科会です。
北京大生と東大生が対話する形式で、プレゼンを行いました。

④mp;ni


各分科会の内容に関しては、後日ブログでまとめて報告させていただきます。

各分科会からの報告が終わった後は、ゲストの方からコメントをいただきます。
今回の報告会では、3人のゲストをお迎えしました。

まずは、加藤嘉一さん。京論壇の設立メンバーです。
京論壇の活動に対して激励のスピーチをいただきました。

⑤mp;kato-san

続いて、宮内雄史さん。東京大学北京代表所所長でいらっしゃいます。
分科会発表の内容にコメントをいただきました。

⑥mp;miyauchi-san

最後は、王新生教授。北京大学で歴史を研究していらっしゃいます。
自分の頭で考えてしっかりと議論をすることが大事、というメッセージをいただきました。

⑦mp;pro.wang


以上で、中間報告会は終了です。
一週間にわたる北京セッションは、あっという間に終わってしまいました。
スタッフ・参加者ともに朝から晩まで、時には睡眠時間を削って議論をしていたことが、
遠い昔のようです。
議論でうまくいったこと・いかなかったこと、それぞれの収穫と課題を持って、メンバーは10月1日からの東京セッションに向かいます。
引き続き頑張っていきましょう~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京論壇2011

Author:京論壇2011
京論壇(きょうろんだん/Jing Forum)は、2005年に東京大学と北京大学の学生によって結成された国際学生討論団体です。年に一度、北京と東京で一週間ずつ合宿を行い、日中間の様々な問題について、官公庁・企業・専門家などを訪問して共に学びながら、「学生ならではの視点」から議論を重ね、その成果を社会に向けて発信しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
京論壇公式twitterアカウント
    follow me on Twitter
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。