スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【北京滞在5日目】ワンデートリップに行きました!

今日はお待ちかねのワンデートリップ!
議論の中休みとして北京観光に行って来ました!

コースは2つ。
北京市内観光と万里の長城観光です。
それぞれのコースのレポートを京論壇参加者に書いてもらいましたので、
北京観光の雰囲気を味わって下さい!

-----------------------------------
【北京市内観光】

こんにちは!京論壇参加者の打越文弥です。
議論の合間にあったone day tripについて紹介したいと思います!

one day tripでは北京大生側がいくつかの観光コースを用意してくれました。
私は天安門広場から前門通りを経て798通りと呼ばれる芸術地区をめぐるコースを選びました。

平日の午前だったので天安門広場は空いているかと思いましたが、予想以上の人手で驚きました。
一週間後の国慶節を前に、いつもより人は少ないくらいと言われましたが、それでは日本ではなかなか見ることのない人の数でした。
てんあんもん

紫禁城を周りに囲む地下鉄を通って次に向かったのは、前門通りと呼ばれるショッピングストリートでした。
時間があまりなく、買い物を楽しむことができなかったのが残念でしたが、印象としては銀座をもっとポピュラーにした感じの通りでした。
道路の真ん中を路面電車が通っているのも風情があって楽しかったです。
ぜんもん

最後に向かったのは798通り。
798通りは廃工場の一帯を芸術家たちのアトリエや画廊に改装し、一種の芸術街になっています。
伝統的な画を集めた画廊もあれば現代アートのミュージアムもあり、北京のアートの現状をうまく反映している印象を受けました。
UCCAと呼ばれる現代美術館の数字を使った展示は非常に刺激的でした。
うちこし

この798通りでの感想が3つほど。
まず、北京にこうした芸術的なエリアがあることが驚きでした。
次に一日では見きれないほど多くのギャラリーがあること、最後にそれぞれが独自の魅力を持っており、クオリティが非常に高かったこと。
日本に帰ったら友達に教えたいと思います。
798通りは北京に来て一番の発見でした!



【万里の長城観光】

京論壇参加者の山内です。万里の長城を選択しました。

議論で疲れた頭を休めるべくセッションの間に休憩として観光が入っているのはいい考えかもしれません。
前日に日本に帰ってしまうメンバーがいたので、夜遅くまで起きていた人もいたのですが、7時半にホテルを出てメトロと列車を乗り継ぎ、万里の長城につきました。
1時間半ほど電車に乗ったにも関わらず、6元という安さに驚きました(あと座席も広かった!)万里の長城いきの電車内内にて


万里の長城は思っていたよりも険しくて、これにヒールで来る人がいるなんてびっくりです...  
2時間近く歩き(というかのぼりとくだりを繰り返し)No.10の塔までいって、反対側の出口からでてしまい、一時集合時刻に間に合わないかと思われましたが中国語が堪能な副代表の小笠原さんのおかげで2時間の道のりを15分でショートカットできました。

bannri.jpg

帰りの電車待ち時間に、UT vs PKUで人物当てゲームをして盛り上がりました。
向こうの質問のうまさにUT側は驚くとともに、最後回では同じ人(しかも京論壇のメンバー)を設定していたというハプニングもありました。
電車では食堂車の座席を確保して楽しく話をしていたので2時間近くの遅延も気になりませんでした...

北京に帰るのが遅くなってしまったので、続いて頤和園に行く人達もいましたが、僕は頤和園には行かず、ホテルに戻った後夕食で再び合流しました。
サマーパレス
サマーパレス2

(他の人の頤和園の写真)


夕食は巨大ピザのお店で、しかもFree beerでした!(このお店のおすすめはGarbage pailというピザです 笑)
pizza!.jpg

夕食後は、他の場所に観光に行っていた組とも合流しKTV(カラオケみたいなところ)で歌ったり踊ったりビリヤードをしたりして盛り上がりました。
KTV.jpg


KTV2.jpg

このOne day tripはセッション中余り交流することのない他の分科会のスタッフ・参加者と仲良くなれただけでなく、みんなの、議論中では見られない多才な一面を見ることもできました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京論壇2011

Author:京論壇2011
京論壇(きょうろんだん/Jing Forum)は、2005年に東京大学と北京大学の学生によって結成された国際学生討論団体です。年に一度、北京と東京で一週間ずつ合宿を行い、日中間の様々な問題について、官公庁・企業・専門家などを訪問して共に学びながら、「学生ならではの視点」から議論を重ね、その成果を社会に向けて発信しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
京論壇公式twitterアカウント
    follow me on Twitter
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。