スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ紹介①代表紹介

こんにちは!!
今日から待ちに待った京論壇スタッフ自己紹介第一弾、代表自己紹介です!!!

田中写真
名前:田中宏樹
役職:京論壇2011代表
所属&学年:東京大学法学部3年
出身高校:開成高校

自己紹介:中高ではサッカーをする傍ら、運動会に熱中しました。大学初年度、夏には南アで人権オフィスに所属したり、プログラミングをかじりMatzさんにお会いしました。昨年は、経済格差分科会参加者として京論壇に関わり、今年は代表を務めます。タイに住んでいた事や転校が多かった事が影響してか、多様な価値観を受容しつつ、和を創ることが自分の信条で、世界の平穏に少しでも寄与できれば幸いです。

代表としての一言:
 そもそも、私自身は、互いを睨め合いながら論理の穴を指摘し合うようなイメージの「議論」が好きではないように思います。議論とはコミュニケーションの一つですから、時に楽しく時に真剣、創造的な側面と破壊的な側面、論理的な側面やら感情的な側面といった様々な顔があるのではないかと思っています。そしてそれらを垣間見ることの出来る京論壇という場に魅力を感じています。
 中国やアメリカには、町にコートという場があり、「ストリート」バスケが行われると聞きます。東大には京論壇があり、「ストリート」議論が行われます。ストリートバスケットのコートで非常に自由なプレイが許される様に、京論壇では非常に自由で忌憚ない議論が交されます。加えて、ストリートバスケットに多種多様なプレーヤーが入れ替わり立ち替わり参加する様に、京論壇でも、様々な方々が集い、お互いの立ち位置にこだわることなく議論を行います。例えば、参加者とスタッフは当然の事、現役生とOBOGや、東大生と北京大生間、さらには京論壇内部と外部、また京論壇と言う場に集った外部の方同士の議論などです。
 参加者だった私が代表を務めさせて頂く本年、このような場が多くの方々の御支援のもと成り立っている事を痛感するとともに、参加者の方々がベストパフォーマンスを出せるような環境を作るという私の責任を強く自覚致します。この様な折だからこそ、感謝の思いを新たにして、日本の活力を今一度感じ取って頂けるよう、精一杯努力させて頂きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京論壇2011

Author:京論壇2011
京論壇(きょうろんだん/Jing Forum)は、2005年に東京大学と北京大学の学生によって結成された国際学生討論団体です。年に一度、北京と東京で一週間ずつ合宿を行い、日中間の様々な問題について、官公庁・企業・専門家などを訪問して共に学びながら、「学生ならではの視点」から議論を重ね、その成果を社会に向けて発信しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
京論壇公式twitterアカウント
    follow me on Twitter
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。