スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ紹介⑤国家イメージ分科会

こんにちは!!今日はスタッフ紹介の記事のラスト、国家イメージ分科会です!!


名前:竹村淳
ニックネーム:よく分からない
所属&学年:東京大学公共政策大学院1年
出身高校:浅野高校(神奈川)
スタッフとしての役職:議長、勉強会
分科会名:国家イメージ分科会議長
一言:「自己」とは他者との関係性で形作られるという説に従い、京論壇スタッフとの関係を通して自己紹介をしたいと思います。

田中:いつも営業用の笑顔と大胸筋を向けてくれる。いい意味で法学部ぽくないところが羨ましい。自分はこの前、ジムのおっちゃんに大学生とも言ってないのに東大生だと思ってました、と言われた。
毛塚:この前「アメリカのデモクラシー」を片手にイタトマを闊歩していたのを見て以来、ちょっと距離を置かせてもらっている。けど結婚するなら彼だと思う。
小笠原:この前、経済学部で迷子になっていたのを助けてあげた。けど普段はいつも助けてもらっている。なので年下だけど敬称つきで呼ばせていただいている。
りん:よく食べ物をとられる。麻婆丼とか。間違いなくなめられている。就活で彼に勝てる要素が見つからないため同じ会社は受けたくないと思っている。投資銀行とか。
中山:よくいじらせてもらっている。また、英語ができない双璧として仲良くさせてもらっている。最近、背中を預けられていることが判明したが何と戦っているのか分からない。
大澤:院の先輩だが実はあんまりしゃべったことがない。しかし今一番プロフィールが気になる人である。
なこ:4つしか違わないのに、お父さんみたいだと言われてたらしい。けど、1こ下にも同じことを言われたことがあるので気にしない。分科会の長女。
たて:仕事しろよって目で見られている気がする。この自己紹介もだいぶ遅れて出している。分科会の長男。
前馬:学部の後輩だが実はあんまりしゃべったことがない。けど、怖いと言っている人を2名知っているため恐ろしい人なのではないかと思い、距離を縮められない。
劉通:一番見てて面白い人なので、これから絡みを増やしていこうと思っている。
今泉:年が同じくらいだし、思考回路が似ている気がする。竹村君って典型的な東大生だよね、とか官僚みたいな思考法だよね、とか的確な批評をしてくれる。ちなみに議長推薦では彼に投票した。
縣:最近本性を現しつつあるらしいのだが確認していない。僕の前では従来通りの礼儀正しい後輩の姿を維持している。

1年の時は野球と食堂、2年はバイト、3、4年は法律をメインに生きていた気がします。今年は京論壇と就活をメインに生きていこうと思うので、よろしくお願いします。


13touhoku_370.jpg
名前:近藤那子
ニックネーム:なこちゃん、なこどん
所属&学年:東京大学教養学部前期課程文科3類2年
出身高校:福岡雙葉高校
スタッフとしての役職:全体プログラム、渉外
分科会名:国家イメージ分科会
一言:私は、中学のとき台湾に友達ができ、両岸問題や中国語を勉強し始めた結果中国に興味を持ちました。特に、中国の人、日本の人が相互に持つイメージに以前から関心をもっており、悪いイメージ
を持つ人が少なからず存在すること、誤解を解く機会に恵まれない人がたくさんいることをとても憂慮しています。私も含め少しでも多くの日中人がお互いの国、人々のことを理解する機会を京論壇がつくっていけたらと思っております。
私ごとですが、現在専攻を決断しなければならない時期にありとても悩んでおります。人生の1つの目標として日中関係改善に少しでも貢献できればという思いがありますが、どのような道からでもアプローチできますし自分は何が得意で自分の役目は何なのかと問い続けています!笑
京論壇の経験で何かヒントが見つかれば幸いです。


名前:木原盾
ニックネーム:たて
所属&学年:東京大学教養学部前期課程文科3類2年
出身高校:京都市立堀川高校
スタッフとしての役職:広報(代表)、社会発信
分科会名:国家イメージ分科会
一言:趣味といえる趣味は特にないのですが、作家は夏目漱石と遠藤周作が好きでした。大学に入ってからは小説はあまり読まず、新書等を読んでいます。音楽はSimon&Garfunkelが好きだったりします。広島東洋カープのファンです!
初めて中国に興味をもったのは、小学校5年生の頃、10か月くらいの間カナダの学校にいっていた時に教室の3,4割が中国系の人で占められていたことからでした。また移民が多い都市だったので他にもいろんな国の人がおり、その時の体験から国家や民族、アイデンティティ、ナショナリズムなどの分野に強く興味を持つようになりました。短い間しかいなかったものの中国系の友人数人とは今でもつながっており、時々日本や中国、その他大学生活のことなどについてやりとりしたりしています。過去の体験から中国に関心があったのと、日本と中国のぎくしゃくした関係に対し学生として少しでもできることをしたいという気持を持っていたことから、京論壇2011のスタッフ選考を受けました。京論壇では広報と社会発信を担当しています。
スポンサーサイト

スタッフ紹介④インターネット分科会スタッフ

こんにちは。一昨日に引き続き今日はインターネット分科会のスタッフの紹介です!


今泉
名前:今泉允聡
ニックネーム:ずーみん
所属&学年:東京大学経済学研究科修士1年
出身高校:開成高校
スタッフとしての役職:社会発信(代表)
分科会名:インターネット分科会(議長)
一言:これまで多くの音楽系の団体に所属してきた一方、最近は組織運営の経験や社会への関心を高める為の活動を行っています。京論壇では、多様で優秀な参加者と交流できることに刺激と喜びを覚えながら、私独自の価値創出を行うことを目標にしつつ、インターネット分科会の議長を務めております。過去の実績に基づく伝統を適当に取捨選択し、京論壇の活動を通して如何に付加価値を産み出していくかを追求していきたいと考えています。


中山写真
名前:中山貴之
ニックネーム:ぺぬ
所属&学年:東京大学理学系研究科物理学専攻修士1年
出身高校: 山形東高校
スタッフとしての役職:全体プロジェクト 参加者リクルート(代表)
分科会名: インターネット分科会
一言:あんまりいない理系ってことで、個性を発揮出来たらいいな、と思ってます。出身は山形県で、ちょっと前までの夢(野望)は、山形大学の教授になって「山大」と言えば山形大学、という社会的通念を作ることでした。
(今、全国には山口、山梨、山形の三つの「山大」があるんですよ。)今はなんとなく就職しようと思っています。
できればいつかは地元に戻りたいです。山形を愛してます。
京論壇では、インターネット分科会に所属しています。インターネットを愛しています。


yurie_osawa.jpg

名前:大澤ユリエ
ニックネーム:ねぇさん
所属&学年:東京大学公共政策大学院2年
出身高校:浜松北高校
スタッフとしての役職:広報 OBOG担当
分科会名:インターネット分科会
一言:アジアが大好きで、高校・大学時代に計2年間タイに留学していました。東北部の農村にホームステイし、赤たまねぎを植えつけした日々は最高の思い出です。
現在は、大学院でNIMBY施設の立地政策を研究しています。
京論壇では広報のtwitter担当として日々つぶやいていますので、是非フォローしてください!
http://twitter.com/jingforum


名前:劉通
ニックネーム:りゅー、りゅーつー
所属&学年:東京大学工学部都市工学科3年
出身高校:東北育才高校(中国・瀋陽)
スタッフとしての役職:リクルート、勉強会
分科会名:インターネット分科会
一言:今NBAプレーオフがホワイトヒート状態になっている一方、日本のほうは静かだね。日本にいる中国人のバスケマニアの私にとってさびしいな。が、インターネットのおかげで、中国にいる、そしてほかの国にいる友たちと今のNBAのことを語れるようになった。もちろんインターネットのおかげで、NBAの生中継もそのまま見れる。インターネットはたくさんの不可能を可能にしていることを毎日実感している。
一方、インターネットをやりすぎるとリアルの人間との交流が少なくなってしまう、という心配があるかもしれないが、そんなことはこの私にはない。周りにNBAが好きな日本人の友があまりいないが、やはり日本といえば野球かな。巨人ファンの私はよく東京ドームのライトに応援しに行くが、今度一緒に行かない?

スタッフ紹介③

前もお伝えした通り、京論壇の夏のセッションは3つの分科会(ジェンダー・国会イメージ・インターネット)に別れて行います!!各分科会には代表・副代表以外のスタッフがそれぞれついて、議論のファシリテートなどをします。スタッフは分科会の方にも広報や会計や渉外等、それぞれ役職があるのですが、今回は便宜上、分科会ごとにスタッフを紹介したいと思います!!この記事ではジェンダー分科会のスタッフの紹介をします!


名前:林俊助(ハヤシシュンスケ)
ニックネーム:りん
所属&学年:
東京大学経済学部金融学科3年
出身高校:早稲田高校
スタッフとしての役職:OBOG担当
分科会名:ジェンダー分科会(議長)

一言:早稲田高校出身のため、未だに早稲田愛が強くて東大になじめていない気がします。笑
大学1年時は、東京大学のテニスサークルと早稲田大学放送研究会に入っていま した。放送研究会のほうは1年間どっぷり浸かり、 イベントを2つ成功させ、早稲田祭ではメインステージのオペレーションを行っていました。毎日のように会議があったり、映像編集のために何日も徹夜したりと大変でした が、400人規模のサークルで一つのものを作り上げる経験は貴重なものでした。
 京論壇には1年の終わりから参加しました。京論壇2010での経験は今まで人生の中で最も貴重なものとなりました。今年は、ジェンダー分科会の議長として、去年の経験を活かししっかりと頑張っていきたいと思います!


images.jpeg
名前:前馬あゆみ
ニックネーム:あゆ
所属&学年:東京大学法学部第2類3年
出身高校:桜蔭高等学校
スタッフとしての役職:渉外(代表)
分科会名:ジェンダー分科会
一言:初めまして。東京大学法学部3年の前馬あゆみです。京論壇2011の渉外代表を務めます。
 京論壇へは今年初めての参加になります。慣れない資金集めや英語での議論など、まだまだ手探り状態ではありますが、メンバーの一員として精一杯頑張っていきたいと思います。
 京論壇は議論を重視し、さらにそこで得たものを社会へ発信し周りを巻き込むという理念を掲げています。私は今まで、自分の成長や楽しみばかりを追求して学生生活を送ってきましたが、京論壇への参加はこれまでの姿勢を見直す機会になるかもしれません。自分が吸収するのみではなく、社会に何か還元できるようになる必要があるのではないか。就活を目前に控え、社会へ出るという事はどういう事なのか、学生と社会人はどう違うのか、その答えを探っていきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いします。



縣
名前:A.R
ニックネーム:秋山
所属&学年:工学部社会基盤学科4年
出身高校:渋谷幕張高校
スタッフとしての役職:勉強会(代表)、社会発信
分科会名:ジェンダー分科会
一言:3年までバンドサークルでギターなど爪弾いておりました関係で、こういった真剣み溢れる活動とはついぞ縁がなかったのですが、中国に興味があったことと学科の先輩に京論壇の方がいたことから参加させていただくことになりました。本番セッションに向けて期待で胸を膨らませていますが、それ以前に東大での文系の学生とのからみが理系の僕には新鮮で、とても刺激的な毎日です。
中国は僕にとって非常に魅力的な国です。中華料理は大好きで、中国語も下手ながら勉強しています。といいながら最近は少女時代にはまった関係でハングルやスンドゥプ、オイキムチなどにちょっと浮気をしていますが、だからといって京論壇から破門されることはないと信じています。

スタッフ紹介②副代表紹介

こんにちは。昨日に引き続きスタッフ紹介をします!!今日は京論壇の副代表2人を紹介したいと思います!!


小笠原さん
名前:小笠原昌子
ニックネーム:しょこたん
所属&学年:東京大学法学部4年
出身高校:徳島文理高校
スタッフとしての役職:京論壇2011副代表、会計

一言:京論壇スタッフ2年目です。去年は初めての参加ですべてが刺激的だった一方、自分の力不足を痛感した一年でした。今年もなかなか難しさを感じながら過ごしていますが、去年のように悔いの残る経験は絶対にしたくありません。もう一年京論壇を続けようと思ったのは、可能性が無限だと感じたからです。他のスタッフ、参加者と力をあわせて、京論壇2011をこれ以上ない良いものにしていけるよう精いっぱい頑張ります!ちなみに写真はかつて手芸サークルで編み物をしていたときの作品です(笑)




毛塚さん
名前:毛塚幹人
ニックネーム:みっきー、みきてぃー
所属&学年:東京大学法学部3年
出身高校:栃木県立宇都宮高校
スタッフとしての役職:副代表、全体プログラム(責任者)

一言:大学入学から現在に至るまで、自己の成長を追い求め、挫折を繰り返してきました。出身高校には勉強さえできれば評価される環境があり、試験勉強の出来不出来による評価がなくなったときに自分に残るものは何か知りたく思い東大に進学しました。そして気づいたのは、何も残っていないのではないかということ。それから何かを求め続ける僕の大学生活が始まりました。まず、知識や意見があっても表現できなければ評価されないことを実感してアウトプットの訓練をしたく、議論、交渉、スピーチ、プレゼンの経験が積める模擬国連という団体に入りました。そうしてアウトプットの練習をすることはできたものの、国益の追求を目的とする模擬国連での議論だけでなく、自己の価値観をより深く理解し、それを他者に伝える議論をしたいと感じるようになりました。そこで参加者として、京論壇2010に入りました。参加者としての経験を経て、今年度は副代表としてプロジェクト全体をマネジメントする役割についています。慣れない役割に苦戦しながらも、自分の成長のために、そして京論壇2011の成功のために努力を続けています。

スタッフ紹介①代表紹介

こんにちは!!
今日から待ちに待った京論壇スタッフ自己紹介第一弾、代表自己紹介です!!!

田中写真
名前:田中宏樹
役職:京論壇2011代表
所属&学年:東京大学法学部3年
出身高校:開成高校

自己紹介:中高ではサッカーをする傍ら、運動会に熱中しました。大学初年度、夏には南アで人権オフィスに所属したり、プログラミングをかじりMatzさんにお会いしました。昨年は、経済格差分科会参加者として京論壇に関わり、今年は代表を務めます。タイに住んでいた事や転校が多かった事が影響してか、多様な価値観を受容しつつ、和を創ることが自分の信条で、世界の平穏に少しでも寄与できれば幸いです。

代表としての一言:
 そもそも、私自身は、互いを睨め合いながら論理の穴を指摘し合うようなイメージの「議論」が好きではないように思います。議論とはコミュニケーションの一つですから、時に楽しく時に真剣、創造的な側面と破壊的な側面、論理的な側面やら感情的な側面といった様々な顔があるのではないかと思っています。そしてそれらを垣間見ることの出来る京論壇という場に魅力を感じています。
 中国やアメリカには、町にコートという場があり、「ストリート」バスケが行われると聞きます。東大には京論壇があり、「ストリート」議論が行われます。ストリートバスケットのコートで非常に自由なプレイが許される様に、京論壇では非常に自由で忌憚ない議論が交されます。加えて、ストリートバスケットに多種多様なプレーヤーが入れ替わり立ち替わり参加する様に、京論壇でも、様々な方々が集い、お互いの立ち位置にこだわることなく議論を行います。例えば、参加者とスタッフは当然の事、現役生とOBOGや、東大生と北京大生間、さらには京論壇内部と外部、また京論壇と言う場に集った外部の方同士の議論などです。
 参加者だった私が代表を務めさせて頂く本年、このような場が多くの方々の御支援のもと成り立っている事を痛感するとともに、参加者の方々がベストパフォーマンスを出せるような環境を作るという私の責任を強く自覚致します。この様な折だからこそ、感謝の思いを新たにして、日本の活力を今一度感じ取って頂けるよう、精一杯努力させて頂きます。
プロフィール

京論壇2011

Author:京論壇2011
京論壇(きょうろんだん/Jing Forum)は、2005年に東京大学と北京大学の学生によって結成された国際学生討論団体です。年に一度、北京と東京で一週間ずつ合宿を行い、日中間の様々な問題について、官公庁・企業・専門家などを訪問して共に学びながら、「学生ならではの視点」から議論を重ね、その成果を社会に向けて発信しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
京論壇公式twitterアカウント
    follow me on Twitter
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。